column コラム

C17 大隈庭園

2019.05.24

「大隈庭園」は、東京都新宿区戸塚町にある日本庭園。

江戸時代後期の大名庭園が大隈庭園の元となっている。明治維新後、この地の所有者は転々とし、明治7年に大隈重信が別邸として入手。

その際に隣接地を東京専門学校(現在の早稲田大学)開設用地として購入。

明治17年には本邸とし、佐々木可村に作庭を依頼し和洋折衷式に改装。

大正11年大隈没後、庭園は早稲田大学に寄付され一般公開。

 

東京メトロ東西線「早稲田駅」から徒歩4分

江戸川橋胃腸肛門クリニックからは徒歩約15分になります。