診療内容

初診の方へ

初めての受診に予約は必要ありません。診療時間内に直接ご来院いただき、受付にお声がけください。

初診の方へ

ご持参いただくもの

保険証

初めての受診の場合は必ず保険証をご持参ください。
また、毎月最初に受診される際にも保険証が必要です。
転職などで健康保険が変更された際にも、必ずご持参ください。
保険証がない場合には、自費での診療になります。

お持ちの場合にご持参いただくもの

お薬手帳

お薬手帳をお持ちの場合は、必ずご持参ください。
普段飲んでいるお薬そのものをお持ちいただいても構いません。

紹介状

紹介状をお持ちの場合には忘れずにご持参ください。

検査結果

健康診断の検査結果や血圧の記録などがありましたら、お持ちください。

診察の流れ

Step1受付

受付に保険証をご提出ください。
プライバシー保護のため口頭の質問をできるだけ行わないよう心がけております。
その後、問診票をお渡しします。

Step2問診票記入

問診票に症状、病歴などをご記入いただきます。
診察の際に言葉では伝えにくいことがありましたら、それもご記入ください。
わからないことがありましたら、スタッフに遠慮なくご質問ください。

Step3診察

問診票を確認しながら医師がお話をじっくり伺います。
症状が始まった時期や変化、特にお悩みの点、病歴、普段服用されているお薬などにういてうかがった上で必要な検査を行い、結果をわかりやすくご説明しています。その上で、治療方針についてご相談していきます。
症状や体質・体調だけでなく、ライフスタイルやお考えも考慮して治療方針を決めていきます。

Step4治療

患者様にご納得いただいた治療方針に合わせた治療を行っていきます。
高度な検査や診療が必要と判断された場合には、大学病院などの専門医療機関をご紹介してスムーズな診療や治療が受けられるようにしています。

Step5お会計

お会計の他、必要があれば次回のご予約、処方箋のお渡しを行います。処方箋が出た場合には、薬局にお持ちください。

診療案内

内科

発熱、咳、風邪などの急性症状のほか、生活習慣病の診療も行っております。精密な検査や専門的な治療が必要な場合は、関連医療施設へご紹介いたします。インフルエンザ等の各種予防接種も行っております。

消化器内科

消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)疾患をみる診療科です。
吐き気や嘔吐、胸やけ、胃もたれ、腹痛、下痢、便秘など、のどからお腹にかけてのお悩みがありましたらなんでもご相談ください。

内視鏡検査

当院では、高度な最新医療機器を使った胃カメラ検査・大腸カメラ検査で早期がん発見を可能にしています。楽に受けていただけるようきめ細かく配慮していますので、安心していらしてください。

胃内視鏡検査(胃カメラ)

極細の内視鏡スコープを口、あるいは鼻から挿入して行う検査です。食道・胃・十二指腸といった上部消化管の粘膜を直接観察することができ、組織を採取できるため炎症や潰瘍、がんなどを確定診断可能です。ピロリ菌の検査も可能です。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

内視鏡スコープを肛門から挿入して大腸全域の粘膜の状態を直接確認します。組織の採取によって確定診断が可能ですし、早期の大腸がんや前がん病変の大腸ポリープは検査中に切除することもできます。これによって将来の大腸がん予防になります。早期大腸がんの発見に有効な検査であり、特徴的な病変を確認することで幅広い大腸疾患の鑑別が可能です。

肛門外科

おしりの病気では痔が最も多いのですが、同じ症状でも大腸がん、直腸がん、肛門がんといった深刻な病気が隠れている場合があります。出血、痛みやかゆみ、残便感、血便など気になる症状がありましたら、気軽にいらしてください。痛みだけでなくお気持ちへの負担もできるだけ少ない診療を心がけていますので、安心してご相談ください。

TEL.03-3269-2020 術後日記
一番上に戻る
一番上に戻る
TEL.03-3269-2020術後日記