過敏性腸症候群

過敏性腸症候群(IBS)とは

過敏性症候群炎症などの器質的な異常はない状態で、下痢や便秘、腹痛、膨満感などの症状が起こる疾患で、蠕動運動などの機能的な問題によって起こっていると考えられています。消化管の機能的なコントロールを行っている自律神経はストレスなど心理的要因による影響を受けやすく、緊張といったストレスをきっかけに発症するケースが多くみられます。食生活、生活習慣、腸内細菌叢などの関与も指摘されています。

症状

腹痛が起こって下痢や便秘になり、排便によって一時的に症状が治まるというのが最も多い症状です。他に、膨満感や腹鳴、おならが漏れてしまうといった症状を起こすこともあります。緊張などをきっかけにして症状を起こすこともよくあります。

症状によって4タイプに大きく分けられ、それぞれ適した治療法が異なります。

下痢型

突然、激しい腹痛が起こります。次いで強い下痢症状を起こします。水のような下痢があって、排便すると症状が一時的に治まります。こうした症状を1日に数回起こすこともあります。緊張などのストレスがきっかけになって発症することが多いため、通勤や通学、会議、面接、テストなど大事な場面で症状を起こしやすい傾向があります。トイレに行けないかもしれないというストレスが症状につながり、外出が不安になるケースもあり、早期の治療が重要です。

便秘型

腸の痙攣によって便が停滞して、便秘と腹痛を起こします。強くいきまないと排便が難しく、硬くコロコロしたウサギの糞のような便しか出ず、残便感があります。強いいきみが習慣になって痔の発症リスクも高くなります。

交代型

便秘と下痢を繰り返し、激しい腹痛をともないます。

その他

膨満感、腹鳴、おならが漏れてしまうなど、排便以外の症状が現れます。

原因

原因ストレスや腸内細菌、食物、粘膜の炎症、遺伝などによる腸の機能障害などさまざまな原因の関与が指摘されていますが、はっきりとした発症のメカニズムはわかっていません。腸の機能障害である蠕動運動の過剰や不足によって症状が起こっていると考えられています。腸の機能は自律神経がコントロールしているため、緊張や不安、睡眠不足、過労などストレスの影響を大きく受けると考えられています。

診断

診断便の状態や排便回数、症状、最初に症状が起こった時期、症状の変化、症状を起こしやすいきっかけ、特に困っている点やお悩みの点を詳しく伺います。また、既往症の有無、飲んでいる薬があればその内容、ライフスタイルや環境の変化、普段の食生活や生活習慣などについてもご質問します。 同じような症状を起こす他の疾患ではないことを確認するためにも、器質的な問題がないか内視鏡検査や血液検査を行うこともあります。

RomeIII基準

大腸カメラ検査で炎症などの器質的な問題がないと確認できたら、世界的に標準化された過敏性腸症候群の判断基準であるRomeIII基準を用いて医師が診断します。
過去3ヵ月間に

  • 「排便によって症状が緩和する」
  • 「症状とともに排便の回数が増減する」
  • 「症状とともに便の形状が変化する」

上記の2つ以上が当てはまる症状があり、腹痛や腹部の不快感が月に3日以上繰り返し起こっていることを医師が確認して診断します。

治療

治療つらい症状、生活に支障を起こす症状を薬物療法で緩和させます。あわせて生活習慣の改善法やストレスの解消法についても具体的なアドバイスを行い、相談しながら最適な方法をみつけるお手伝いをしていきます。

生活習慣の改善

 食事
  • 3食はできるだけ決まった時間にとる
  • 食べ過ぎない
  • 栄養バランスのとれたメニューを心がける
  • 食物繊維と水分をたっぷりとる
  • 刺激の強い香辛料やカフェインを控えめにする
  • 飲酒量・回数を減らす
 生活
  • 散歩など軽い運動を習慣づける
  • 睡眠と休養をきちんととる
  • 趣味などでストレスを上手に解消する
  • お風呂や寝室などをリラックスできる空間にする
  • 毎日バスタブで芯まで温まってから湯冷めする前に眠る

薬物療法

症状の現れ方や便の状態に合わせて、適切な薬を処方していきます。蠕動運動を整える消化管機能調節薬、便の水分バランスを整える薬、下痢改善のための適切にするセロトニン3受容体拮抗薬や止痢剤、便秘解消のための粘膜上皮機能変容薬や下剤、腹痛緩和の抗コリン薬などがあります。同じ効果を持っていても効果の出方が違うものがありますし、個人によって効き目は変わります。服用後もきめ細かくお話をうかがって処方を調整していき、できるだけ早く最適な処方にできるよう心がけています。また新しい作用機序を持った薬も登場していますので、これまでの治療で思うような効果が得られなかった方もご相談ください。

腸内細菌叢に有用な乳酸菌などのプロバイオティクス、漢方薬などもご用意していますし、錠剤やカプセルは飲みにくい・粉薬が苦手などお好みにも合わせた処方をできるだけ行っています。ご希望があればなんでも遠慮なくご相談ください。

TEL.03-3269-2020 術後日記
一番上に戻る
一番上に戻る
TEL.03-3269-2020術後日記