吐き気の原因

吐き気とは

吐き気嘔吐は身体から有害なものを排除して吸収を防ぐために起こるもので、吐き気は有害なものを吸収してしまう危険を知らせるために起こります。身体から発せられる大事な信号であり、食欲不振、腹部の不快感、めまいなどが同時に起こることもあります。 主に消化器症状として起きますが、目や耳、脳、心臓の疾患の症状として現れることもありますし、薬の副作用、つわりなどによって起こることもあります。 できるだけ早く適切な処置を受ける必要があるケースがありますので、軽く考えずに早めの受診をおすすめします。

吐き気の原因

主に消化器の疾患やトラブルによって起こりますが、他の病気などが原因になって起こっているケースもあります。

     消化器に原因がある吐き気

  急性胃炎・慢性胃炎

吐き気以外の主な症状は、胃痛、みぞおちの痛み、膨満感、胸や腹部の不快感、胸やけ、むかつき、血便(黒っぽい便)などがあります。胃は胃壁から強い酸性の胃酸を分泌していますが、普段は粘液が胃酸から粘膜を守っています。暴飲暴食や薬の服用などで防御能力を超えてしまうと炎症を起こし、急性胃炎となります。またピロリ菌感染があると慢性的な炎症が続いて、萎縮性胃炎や潰瘍などを起こし、胃がん発症につながる可能性があります。

 胃潰瘍・十二指腸潰瘍

吐き気以外の主な症状は、みぞおちの痛み、胃痛、膨満感、胸や腹部の不快感、胸やけ、むかつき、血便(黒っぽい便)などがありますが、進行しても自覚症状がほとんどないケースもあります。胃潰瘍は食後に、十二指腸潰瘍は食前に、それぞれ症状を起こしやすい傾向があります。確定診断には内視鏡検査が必要です。

 胃がん

初期症状に乏しく、かなり進行してから吐き気や腹痛などが現れることがあります。胃がんはピロリ菌感染との関連が指摘されています。胃がんリスクが高まる40歳を超えたら内視鏡検査を受け、同時に検査できるピロリ菌感染検査で陽性になったら除菌治療をおすすめしています。なお、胃がんの早期発見は内視鏡検査が唯一有効な検査です。早期発見により、日常生活やお仕事に支障を及ぼさずに完治させることも可能です。

逆流性食道炎

吐き気以外では、胸やけ、酸っぱい・苦いゲップが上がってくる呑酸、めまい、咳、喘息、胸の痛み、飲み込みにくさなどが現れるなど、症状は多彩です。強い酸性の胃酸が逆流して防御機能を持たない食道粘膜がダメージを受け、それが続いて炎症を起こしている状態です。加齢による筋肉など機能の衰えによっても起こりますが、生活習慣による発症リスクも高く、再発しやすい病気です。生活習慣を改善して再発を予防することが重要です。

感染性腸炎(出血性大腸炎/食中毒)

一般的には食中毒と呼ばれています。吐き気以外では、下痢、発熱、腹痛、嘔吐、血便などの症状があります。原因となるのは、細菌やウイルス、寄生虫などで、潜伏期間が長いものの場合、食中毒だと気付かないケースもよくあります。下痢の症状は有害なものを身体の外にできるだけ早く排除する役割を果たしているケースがあり、自己判断で下痢止めを服用してしまうと毒素が身体にとどまる時間が長くなって吸収されてしまい危険な状態になる可能性があります。原因に心当たりがない場合も、吐き気や強い下痢がある場合には必ず受診しましょう。

腸閉塞

強い吐き気の後、嘔吐します。便がほとんど出なかったら腸閉塞の疑いがあり、できるだけ早い受診が必要です。危険な状態ですから食事をやめてすぐに消化器科を受診してください。原因には、大腸がん、腸重積、そして手術後に起こった癒着などがあります。ガスが大量に溜まってしまっている場合には、鼻からチューブを入れてガスを排出させる処置が必要です。

虫垂炎

一般的に盲腸と言われることが多いのですが、虫垂に起こる炎症です。吐き気以外では腹部の痛みが起こりますが、痛みのある場所で虫垂炎だと判断することはできませんので、消化器科を受けてください。抗生物質による治療、あるいは手術による治療を行います。

腹膜炎

腹膜に炎症を起こしている状態で、吐き気の他に痛みを生じます。主な原因には粘膜に穴が開いてしまった潰瘍、急性膵炎などがあります。原因疾患の治療とともに、炎症を抑える治療を行います。薬物療法では十分な回復が見込めない場合には手術が必要です。

膵炎

吐き気よりも突然の強い痛みが大きな特徴です。膵臓は消化や血糖値のコントロールといった役割を果たしている臓器であり、消化酵素を分泌しています。アルコールや胆石などによって膵臓がダメージを受けるとこの消化酵素を漏れさせてしまい、周囲の組織が消化されて膵炎を起こします。急激に悪化する急性膵炎と徐々に進行する慢性膵炎があります。多臓器不全につながる可能性もありとても危険な状態ですので、できるだけ早く受診してください。

急性肝炎

ウイルス感染によって起こるB型肝炎、C型肝炎などです。主な症状には、全身倦怠感や食欲不振、黄疸がありますが、安静を保つことで回復が可能なことも多くなっています。ただし放置していると劇症肝炎を起こすこともあり危険で、合併症を起こす可能性もあります。現在は有効な治療法が登場しているため、感染の可能性がある場合には早めに受診してください。

胆石症・胆のう炎

胆石はコレステロールや胆汁成分が固まったもので、強い腹痛、発熱、黄疸などを起こし、胆石の根本治療には手術が必要です。胆石症は胆のう炎を合併しやすい傾向があって、胆のう炎に関しては抗生物質の点滴や鎮痛剤などの内服といった保存的療法で症状の緩和が見込めます。

消化管以外の原因で起こる吐き気

吐き気尿路結石、目や耳の疾患、脳や心臓疾患など、幅広い疾患で吐き気が起こることがあります。また、病気以外にも薬剤の副作用やストレスなどによって吐き気を起こすこともあります。また女性の場合はつわりによる吐き気もよくあります。ご本人が妊娠に気付いていない場合もありますので、吐き気がある際の女性の診療は妊娠を考慮に入れて行うことが重要です。

吐き気が起こる病気の診断と治療方法

治療方法吐き気という症状を起こす病気には、早急に適切な治療が必要なケースがありますので、それを優先して確かめていきます。原因を特定するために、同時に起こっている吐き気以外の症状、症状が起こりはじめた時期、症状の変化、既往症の有無、服用した薬や摂取した飲食物などについてうかがっていきます。 必要な検査を行い、消化器が原因で起こっているもの、内科的な治療で解消できるものはそのまま当院で適切な治療を行っていきます。専門的な治療が必要な場合には、提携している大学病院や基幹病院などをご紹介し、スムーズに適切な治療を受けていただけるようにしています。

吐き気の予防について

吐き気の予防について吐き気だけでなく嘔吐がある場合には、身体の水分が失われてしまうため脱水症状につながりやすい状態です。特に高齢者はもともと脱水傾向があり、低血圧になって命の危険にもつながりかねません。水を飲ませても吐いてしまう場合には速やかに医療機関を受診して点滴などによる水分補給が不可欠です。 また、下痢や発熱が伴う場合、感染症の可能性があります。家族、学校や施設で集団生活をしている人が同じ症状を起こしている場合には、集団感染を起こす危険性がありますし、子どもや高齢者に感染すると命にかかわる可能性もあります。できるだけ早く受診しましょう。 また、高齢者は飲み込む機能が衰えていることがあり、吐いたものが誤って気管から肺に入り、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)を引き起こす可能性があります。強い嘔吐でなくても気管から肺に入り込んでしまうことがあるため、吐き気や嘔吐を繰り返す場合には受診が必要です。

TEL.03-3269-2020 術後日記
一番上に戻る
一番上に戻る
TEL.03-3269-2020術後日記